トロント留学のエージェントの選び方 ー 費用・メリット&デメリット

トロント留学するなら、留学エージェントを利用したほうが良いの?
手数料や仲介料金はどれくらいかかるの?仲介料金を無料にする方法って?
そんなエージェントに関する疑問の全てにお答えします。
最後には、エージェントを利用しない個人手配の方法も紹介!

留学エージェントとは

留学エージェントとは、渡航者に代わって語学学校やビザの手配をしたり、ホームステイ、学生寮、その他アパートなど、住宅の手配を行う旅行会社の1つです。

多くは語学学校からのマージンで収益を得ています。

留学について以下などの知見があるため、英語や留学初心者は利用しても良いでしょう。

  • 渡航者の希望に沿った学校などを選んでくれる
  • 本来なら全て英語で読まなければならない書類なども日本語で説明してくれる

ただし、全ての留学エージェントが良いサービスを提供しているとは限りません。

渡航後のサービスは含まれていなかったり、取引のある語学学校しか紹介してもらえない、などのリスクがあります。

エージェント利用にかかる費用

エージェントの仕組み

上記で説明したように、留学エージエントの収益の多くは語学学校からのマージンで賄われています。

有料のエージェントの場合、語学学校のマージンだけでは賄えない分のサービスが行えるため、無料のところよりも手厚いサポートが可能になります。

一方無料のエージェントは、語学学校からのマージンのほか、広告収入などによっても収益を得ているところもあります。

有料だから必ずサービスが良いとは限らないため、エージェントを使う際は複数者を比較して選ぶことをお勧めします。

エージェントの仲介料相場

エージェントには有料と無料のものがありますが、有料の留学エージェントの手数料相場は8〜15万円です。

実際には、お金を払ったからといって必ずしも無料のエージェントよりも有料のエージェントの方が優れている訳ではありません。

中には登録だけエージェントのフォームでさせて、後の手続きは全て留学生本人でやらなければならないといった悪質なサービスもあります。

エージェント選びには実績やサポート内容などを含め、総合的に判断しなければなりません。

留学エージェントを利用するメリット

信頼の高い情報を得ることができる

留学エージェントは当然、数々の留学生の斡旋経験があるため、留学初心者の方よりも知見があります。

カナダの語学学校に特化したエージェントを利用すれば、その分現地での情報も多く仕入れることができるので、自分で調べるよりも安心して渡航することができます。

自分にあった留学先がわかる

一口にカナダといっても、立地や金額、規模などを鑑みるとさまざまな学校の選択肢があります。

その中から自分の要望にマッチした学校を選ぶのは至難の技です。

エージェントに頼めば、カウンセラーも留学経験者であることが多く、彼らの持っている経験や情報からあなたの要望を叶える学校を提案してもらえるでしょう。

留学手続きの見落としが無くなる

留学に向けて準備しなければいけない手続きは時に膨大で、ビザの申請や海外インターン、ホームステイ、語学学校への手続きなど、プランによってはかなり複雑です。

自分で用意することもできますが、手続きに不足があると「航空券は買ってしまったのにビザの申請がおりず渡航ができない…」ということにもなり得ます。

準備は自分で行うものですが、心配な人はダブルチェックをしてくれるサポートとして、安心をお金で買うことも選択肢のひとつです。

トロントでインターンシップをするデメリット・失敗例

何かと便利なエージェントですが、エージェント利用のデメリットとは何でしょうか。

仲介料が高くつくことがある

エージェントのビジネスモデルは基本、語学学校からのマージンとなっています。

語学学校は基本的に、どの提携先へも同額の手数料を払うため、同じサービス内容であればどのエージェントからの留学であっても費用は同じはずです。

しかし、エージェントによっては上乗せする分の手数料をかなり多めに設定しており、きちんとエージェントを比較しなければ損をしてしまうこともあります。

別のサービスと組んでいる

本来は語学学校だけで良いところを、手数料をより多くもらうためにホームステイ先やインターンシップ企業とも組んで、パッケージで売りつけてくるエージェントもあります。

どのプランで参加しても充実した留学になるには違いないのですが、自分の目的に沿った留学を第一に考えなければ、必要でないところで余計な出費をしてしまいます。

エージェント利用の際は、不要なサービスが付帯していないか、慎重に確認してから契約しましょう。

エージェントを利用すべきなのはどんな人?

留学が初めての人

海外経験が乏しい人や留学初心者の人は、エージェントの利用がお勧めです。

英語力に自信がある人なら良いのですが、申請に必要な資料は基本的に英語です。

自分でも最新の注意を払って資料を確認する必要がありますが、エージェントに頼むと書類の抜けや漏れを防げます。

仕事をしている人

毎日の仕事が忙しく、情報収拾などに十分な時間が割けない人も、エージェントを使うとそれらの手間をある程度省くことができます。

提携している語学学校という選択肢の狭さはあるものの、ある程度の年数をエージェントとして運営しているところでしたら、どんな学生がどんな学校に合っているかということも理解していることが多いです。

あなたの要望を叶えつつ、あなたに合った語学学校を提案してもらうことができます。

パッケージのプランを希望している人

例えば海外インターンとホームステイ・語学学校など、ある程度パッケージになっているプランを希望している人にもエージェント利用は有効です。

自社のサービスを利用してもらう代わりに、個別のプランよりもディスカウントした形での提供を行なっていることもあり、同じエージェントを使うなら、パッケージ的に契約した方がお得なこともあります。

エージェントを選ぶポイント

悪いエージェントを選ばないようにするためには、一体どういったポイントに気をつければ良いのでしょうか。

ここでは、エージェント選びで見るべきポイントをご紹介します。

経営が長い

エージェントの運営実績が10年以上であるほか、トロント現地にも拠点があるようなエージェントは、比較的信頼できるところだと判断して良いでしょう。

経営期間が長ければ提携している語学学校も多く、持っている引き出しが多いです。

エージェントによっては、現地でのサポートが全くない場合もあります。エージェント比較の際はその辺りも確認しておきましょう。

サービス内容が明記されている

たとえそのエージェントが無料であっても、全てのサービスが無料であることはまずありません。

ウェブサイトなどで、どのサービスが無料で、どのサービスから有料なのかということは事前に確認しておきましょう。

きちんとしたところは、こちらから問い合わせなくてもサービス内容などの情報をきちんと明記しています。

メリットばかりを強調するようなエージェントにも注意が必要です。

結局カウンセラーとの相性も大事

素晴らしいエージェントであっても、様々なカウンセラーがいます。

エージェントのサポートが手厚くても、留学経験や英語力が無いカウンセラーの場合もあります。

留学エージェントは単純に会社のサービスだけでは比較できないので、カウンセリングを数社することをお勧めします。

お勧めエージェント

カナダジャーナル

30年以上の実績がある留学エージェントです。

バンクーバーに本社があり、現地でのサポートも手厚いことで定評があります。

BRAND NEW WAY

トロントにもオフィスがある日系のエージェント会社です。

ユーザーからは手数料を取らない無料型のエージェント。

現地サポートなど一部サービスが有料です。

ウエストコースト

バンクーバーに本社を構える、カナダ留学専門のエージェントです。

カウンセラーはカナダに3年以上の滞在経験がある人なので、現地のリアルな情報も得ることができます。

個人手配もお勧め

エージェントを使わず、個人手配で留学するのにも利点があります。

まずメリットとして、余分な費用がかからないことが挙げられます。

エージェントに支払う手数料が特に無いため、語学学校も正規料金のまま契約ができます。

また、滞在先なども自由に選ぶことができ、自分の要望にあったプランを組み立てることが可能です。

一方で、申請書類なども全て自分で手配する必要があるため、自己管理ができない人や、留学ビギナー、英語力に自信が無い人にはおすすめしません。

最近では無料でサービスを受けられるエージェントも少なくないので、上記に当てはまるような方は、情報収拾に留学エージェントを利用してみてはいかがでしょうか。

個人手配はこんな人にお勧め

自力でできる人

英語力に自信があったり、留学経験者であれば、大抵の申請は慣れたものでしょうし、特にエージェントに頼る必要もないでしょう。

自分で資料を読み込む必要があるため、全て把握しているので、何かトラブルがあった際も自分で対処することができます。

とことん節約したい人

語学学校へのマージンも支払わず、航空券も好きなタイミングで、セール期間に素早く購入したい人なども、個人手配がお勧めです。

現地での滞在先も、ネットを使えばかなり安いところを見つけることができますし、何かに縛られることなく、自分で自由にプランを立てられることも個人手配のメリットです。

時間がある人

個人手配は、当然ですが下調べから申請、渡航まで、全ての準備を自分で行う必要があります。

申請資料の読み込みも自分で行う必要があり、英語力に自信のない人には何かと時間がかかります。

しかし、自分で用意すればその分、何かトラブルがあった際なども自分で対処しやすいので、時間があるなら個人手配にトライすることをお勧めします。

お勧め個人手配サービスサイト

個人手配を無料でサポートをしてくれるLangpediaラングペディアがあります。

語学留学の手続きは非常にカンタンで自分でも手続きすることで、余計な費用も発生せず、エージェントを比較する時間を削減できます。

語学学校にお問い合わせもできますが、全ての学校が日本語での対応可能ではありません。

個人手配とエージェントの両方のメリットを利用できる個人手配サービスがお勧めです。